携帯サイト(いわゆるガラケー向け)ではJavaScriptを実行できない機種もあるため、Google AnalyticsのJavaScriptのトラッキングコードは埋め込めません。

Google Analytics ではJavaScriptを使用しない「携帯サイト – 従来型の携帯電話用」のトラッキングコードを公開しています。

2013年3月時点での「携帯サイト – 従来型の携帯電話用」のトラッキングコードの導入方法(PHP版)をシェアします。

なお、Google Analyticsの携帯サイト用トラッキングコードはPHP5以上が必要です。

HTMLがPHPとして動作するように設定する

携帯サイト用トラッキングコードはPHPで動作するため、HTMLをPHPで動作させる必要があります。

しかし、Shift-JISで作成することが一般的な携帯サイトではXHTMLではXML宣言が必要になりますが、PHPとして動作させるとXML宣言がPHPと解釈されたり、PHPのデフォルトフォントの影響から文字化けしたりすることがあります。

それらの対策として、ルート・ディレクトリの.htaccessと各HTMLに対して以下の文を追加します。

.htaccess

(ない場合は作成する)

AddType application/x-httpd-php .html

php_value short_open_tag “Off”

AddDefaultCharset Shift_JIS

php_value mbstring.http_otput SJIS

php_value mbstring.internal_encoding SJIS

各HTMLファイルの先頭

<?php header(‘Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS’);?>

<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS”?>

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN”

携帯サイト向けトラッキングコードの入手

  1. Google Analytics for Mobile Websitesから「googleanalyticsformobile.zip」をダウンロードします。
  2. 解凍してphpを開きます。
  3. 携帯サイトのルート・ディレクトリに「ga.php」をアップロードします。
  4. ブラウザで「http://アップロードしたURL/ga.php」が表示されるか確認します。
  5. 1ピクセル×1ピクセルのGIF画像が表示されれば問題ありませんが、サーバーによっては正しく表示されないことがあります。
    (IEでは「<b>Notice</b>:  Undefined index:…」が表示され、Firefoxでは「画像ファイル ”■■■■■■■■/ga.php” は壊れているため、表示できませんでした。」と表示されます。)
  6. これはPHPのNotice(注意)が出力されるために起こるので、先ほどの.htaccessにNoticeが出力されないように以下の文を追記します。

    php_value error_reporting 6135

トラッキングコードの埋め込み

  1. 「php1.snippet」を開き、3行目の「ACCOUNT ID GOES HERE」を消して携帯用のプロパティID(通常の「UA-」を「MO-」に置き換えたもの)を記入して保存します。
  2. 「php2.snippet」を開き、4行目の「<img src=”<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>” />」を「<?php echo $googleAnalyticsImageUrl; ?>” /> 」に変更して保存します。
    「php2.snippet」を開き、4行目の「<img src=”<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>” />」を「<img src=”<?php echo $googleAnalyticsImageUrl; ?>” /> 」に変更して保存します。※PHP5.4.0以降 short_open_tag の設定に関係なく「<?=」を利用できるようになりました。
  3. HTMLファイルを開き、ページの先頭に「php1.snippet」の内容を、ページの末尾(</BODY>の直前)に「php2.snippet」の内容を貼り付けます。

以上でトラッキングコードを埋め込むことができました。

Hayashi.