2011年6月24日にMac OS X 10.6.8アップデータがリリースされたので,さっそくiMac Early 2009に適用しました.

適用後2日ほどは何の問題も無かったのですが,6月28日(月)の朝,起動するとレインボーマークがいつまでたってもグルグル回り続け,何の操作もできません.インターネットにも接続できていないようです.

ネットで調べると,Appleサポートコミュニティにもアップデート後「起動できない」との報告が出ており,原因不明で対策もクリーンインストールしか無いようなことが書かれていました.

Mac OS X アップデート 10.6.8 適応後不具合発生

Mac OS X アップデート 10.6.8 適用後、MacBook Proが起動しなくなりました。

クリーンインストールは時間のロスが大きいので,自分で色々試した結果,不具合が無くなりましたので,そのレポートです.ただし明確な原因や「これで直った」ということは不明です.あくまで私の環境だけの話なので,同様の不具合に遭遇された方の参考になるかどうかは分かりません.

6月28日

  1. 朝,起動するとレインボーマークがいつまでたってもグルグル回り続け,何の操作もできない.ネットにも接続できていない.ただしAirMacでのTime Capsuleへの接続はできている.
    また10.6.8アップデータはMacbook Aire Late2010,Mac mini(かなり古い)にも適用しているが,今のところ不具合は無し.
  2. 電源ボタン長押しで強制終了後,再度起動しても同様.
  3. 起動時にFirefoxやChrome,Mail,Skype,CiPTなどを自動起動するように設定していており,それらはとりあえずすべて起動している.なのでそれらアプリが起動した直後,[Command]+[Q]で終了し,Finderだけが起動している状態にすると,なぜか操作が可能に.
  4. ディスクユーティリティを起動し,HDを検証すると,アクセス件の問題を多数検出.なので修復.
  5. その後普通に使えるので,仕事に取り掛かる.釈然としないが,原因究明する暇は無し.

6月29日

  1. 朝,起動するとまた同じ現象に.「またか・・」
  2. 昨日同様,自動起動のアプリを終了し,ディスクユーティリティで検証すると,またアクセス件の問題を多数検出.修復.
  3. そのままメールの受信や返信など,すぐにやらなければならない仕事を片付けてからネットで調べる(「mac 10.6.8 アップデート 起動できない」でググる)と,Appleサポートコミュニティに似た事例の報告あり.
  4. そこに「外部接続機器が原因」との報告があったので,プリンタやスキャナなどのUSB接続をすべて外す.
  5. ついでにMacの[システム環境設定]-[アカウント]-[ログイン項目]でFirefoxやChrome,Mail,Skype,CiPTなどを削除.でも試しにSafariだけは起動するように登録.
  6. 再起動すると,問題なく起動する.
  7. USBケーブルを接続して再起動すると,問題無し.
  8. [ログイン項目]で再度アプリを登録して再起動しても問題無し.

以上で今のところ問題ありませんが,明日はどうなることやら・・・

補足

海外サイトにParallels 6ユーザーが10.6.8アップデートを行うと,DocがCPUを100%使用する旨の報告(Dock using 100% CPU after OS X 10.6.8 update for Parallels 6 users)があります.

私もParallels 6 英語版を入れていますが,そこに書かれている対策は行っていません.

またMacbook AirにもParallels 6 英語版を入れていますが,今のところ不具合は発生していません.

しかし「DocがCPUを100%使用する」というのは,まさしくそんな感じです.

あと気になることが一つ.iMacが異様に熱い! 10秒も触り続けると火傷しそうなくらい・・・

2011/7/5追記

その後,6/30に再起動した際,また同じ現象になりました.
これまで同様,自動起動するアプリを次々と終了させ,ディスクユーティリティを起動,検証すると,やはりエラーが多数.見ると,そのほとんどがJAVA関係なので,原因はJAVAにあるのか?

翌7/1に起動すると「Java for Mac OS X 10.6 Update 5」のインストールを促すメッセージが出たので,さっそくインストール.その後7/5現在まで不具合はありません.