iPhoneアプリ「Google Authenticator」をアップデートして設定が初期化された場合の対処方法

Posted on

2013年9月4日の午後、iPhone用のGoogle2段階認証アプリ「Google Authenticator」をアップデートすると、設定が初期化され、認証用コードが発行できなくなりました。

どうやら同様のユーザーが続出しているようです。
Touch Lab
「【注意】iPhone向け2段階認証アプリ『Google Authenticator』をアップデートすると設定が初期化される模様」 
http://touchlab.jp/2013/09/google_authenticator_update_with_caution/ 

再設定は以下の方法で出来ました。

再設定の方法

  1. Googleアカウントの「セキュリティ」をクリックします。
  2. 「2段階認証プロセス」の「編集」をクリックします。
  3. Googleのログイン画面が表示された場合は、パスワードを入力します。
  4.  「モバイルアプリケーション」に既に登録されている端末の「別の携帯端末に移動」をクリックします。
  5.  以下のウィンドウが表示されるので、「iPhone」が選択された状態で[次へ]をクリックします。
  6.  「Google認証システムの設定」ウィンドウが表示されるので、iPhoneの「Google Authenticator」を起動します。
  7.  Google Authenticatorの「入力を追加」画面で「バーコードをスキャン」をタップし、上記のQRコードを読み取ります。

以上で再設定ができました。 

Yukawa.

お手数ですが、下記入力項目に「コメント投稿」と入力して下さい。

Trackback

ページトップに戻る