jpドメインの「移転」と「指定事業者変更」の違い

Posted on

あるドメインをファーストサーバ(Doレジ)から、さくらインターネットに移転する際、「移転」と「指定事業者変更」というのがあり、違いがよく分からなかったので調べました。手続きの流れとともに記録しておきます。

まず移転元のファーストサーバでは、ドメインの管理は「Doレジ」というところが行っており、そのサポートサイトには以下のように記載されています。

[OUT] Doレジで管理しているドメイン名を他社管理に変更したいのですが。
http://do-reg.jp/faq/?question=213&group=10 

■JPドメイン名

Doレジ側での事前の作業は特にございません。・ 移管先レジストラからの変更申請受理後、Doレジより『JPドメイン名レジストラ変更OUT承認依頼書』をPDF形式でお客様情報に登録のメールアドレスへ送信いたします。ご案内の期限までに依頼書をご返信いただいた場合に限り、レジストラ変更申請を承認いたします。

さくらインターネットのサポートサイトには、「ドメイン転入(移転)」と「ドメイン転入(指定事業者変更)」があり、違いがよく分かりません。

汎用JPドメインの管理
http://www.sakura.ne.jp/domain/administration/jp.html

そこでGoogleで検索してみると、以下のサイトが参考になりました。

ドメイン名登録管理サービス JPDirect
http://jpdirect.jp/general/transfer/ 

『指定業者変更』と『ドメイン移転』の相違について:Cyber Trading Co.
http://yt.com/dr/jp_diff.html

ようするにドメイン名は「登録者情報」によって管理されており、「指定事業者変更」はこの登録者情報ともども変更することで、「移転」はドメイン名のみ変更する、ということです。

弊社の場合、移転元のファーストサーバで他にもドメインを取得していたため、「指定事業者変更」するとそれらのドメインもすべて変更されてしまいます。したがって「移転」の手続きを取りました。

お手数ですが、下記入力項目に「コメント投稿」と入力して下さい。

Trackback

ページトップに戻る